スパイラックス・サーコ

Spirax Sarco とは
 
教育
 
トラブルシューティング
海外進出サポート
 
ツール
M製紙
 
M製紙
 
某製菓会社(神奈川)
某食品会社(福岡)
 
某食品会社
 
ヤマシタコーポレーション
小倉ターミナルビル
 
シュライナー小児病院
 
ウェストンズサイダー社
スコットランドの蒸留所
 
ワッドワース醸造
 
ミラー・クアーズ醸造
シュライナー小児病院
 
ウェストバージニア大学
 
サウスベイにある病院
ビクトリア病院
 
ゲデオン・リヒター社
 
ワイス製薬会社
PQシリカ社
 
製紙
 
食品
クリーニング
 
ビル管理
 
飲料
醸造
 
病院設備
 
製薬
石油・石油化学
 
会社概要
 
代表挨拶
Spirax Sarco の歴史
 
アクセス
 
カタログダウンロード
採用情報
 
環境への取り組み
 
Blog
セミナー
 

Case Study

フラッシュ蒸気回収ソリューションにより製紙工場で年間720万円削減

- Paper factory -

M製紙株式会社様(静岡県富士市)

製紙
フラッシュタンクユニット

課題
ドレンタンクの大気開放管から放出されるフラッシュ蒸気が気になっていた。
燃料費の高騰により、省エネルギーできる方法を模索していた。

ソリューション
フラッシュタンク・ユニットの設置
フラッシュ蒸気を回収することによって、補給水、燃料、水用薬品コストの削減、CO2排出の削減に貢献します。
スパイラックス・サーコのFV型フラッシュタンク・ユニットは、フラッシュ蒸気を回収し、熱エネルギーを再利用する革新的な熱回収システムです。

成果
システムの設置以降、二次圧(低圧ライン)が変動しても定量ブローができるので、生産が安定しました。ドレンタンクの沸騰も解消され、目に見える蒸気の放出が減少しました。
年間10,899,000kg/hの蒸気削減につながりました。これは月60万、年間720万円の削減となります。

“大気開放管から放出されるフラッシュ蒸気が1/3程度になりました。
 約1年でペイアウトできるので有難いです。”
管理責任者様からのコメント

このCaseStudyに関するご質問、または弊社製品、サービスについてお問い合わせはお問い合わせはこちら