スパイラックス・サーコ

Spirax Sarco とは
 
教育
 
トラブルシューティング
海外進出サポート
 
ツール
M製紙
 
M製紙
 
某製菓会社(神奈川)
某食品会社(福岡)
 
某食品会社
 
ヤマシタコーポレーション
小倉ターミナルビル
 
シュライナー小児病院
 
ウェストンズサイダー社
スコットランドの蒸留所
 
ワッドワース醸造
 
ミラー・クアーズ醸造
シュライナー小児病院
 
ウェストバージニア大学
 
サウスベイにある病院
ビクトリア病院
 
ゲデオン・リヒター社
 
ワイス製薬会社
PQシリカ社
 
製紙
 
食品
クリーニング
 
ビル管理
 
飲料
醸造
 
病院設備
 
製薬
石油・石油化学
 
会社概要
 
代表挨拶
Spirax Sarco の歴史
 
アクセス
 
カタログダウンロード
採用情報
 
環境への取り組み
 
Blog
セミナー
 

Case Study

トラップ点検は専門家に任せるのが一番

- Hospital -

サウスベイにある343床の病院様
(アメリカ、サンディエゴ)

病院施設

課題
スチームトラップ・サーベイによって、スチームトラップの15%以上の故障を発見しただけでなく、必要な箇所にトラップがないなどの配管設計の間違いもありました。
(低所にドレン抜きがない、トラップが機器の後ろに設置されている、適切なトラップ選定がされていないなど)

ソリューション
・蒸気システムの最良の配管方法へのアップグレード
・誤って適用されたスチームトラップタイプや誤った設置方法のスチームトラップの置き換え
・ボイラー圧力を安定させる
・暖房給湯熱交換器の運転改善

背景として
米国エネルギー省(US DOE)は最近、病院は「エネルギー熱とCO2排出量が商業用建物の2.5倍以上ある」と述べています。
これにより、DOEは、病院にエネルギー使用量を最小限に抑えるための戦略を立てるよう奨励しています。
DOEは、5年間スチームトラップを点検していない施設では、トラップの数の20%が故障した状態で稼働していると推定しています。スチームトラッププログラムを開発することは、未確認の故障トラップによって引き起こされる、天然ガスと水の消費量増加の防止に役立ちます。

“他の病院にいる同僚と成功を共有しています。これらの大規模施設では、最適化作業による効果は総額30万ドル(約3000万円)削減の可能性があります。”
メディカル・センター(Medial Center)のユーティリティマネージャーからのコメント

このCaseStudyに関するご質問、または弊社製品、サービスについてお問い合わせはお問い合わせはこちら