スパイラックス・サーコ

Spirax Sarco とは
 
教育
 
トラブルシューティング
海外進出サポート
 
ツール
M製紙
 
M製紙
 
某製菓会社(神奈川)
某食品会社(福岡)
 
某食品会社
 
ヤマシタコーポレーション
小倉ターミナルビル
 
シュライナー小児病院
 
ウェストンズサイダー社
スコットランドの蒸留所
 
ワッドワース醸造
 
ミラー・クアーズ醸造
シュライナー小児病院
 
ウェストバージニア大学
 
サウスベイにある病院
ビクトリア病院
 
ゲデオン・リヒター社
 
ワイス製薬会社
PQシリカ社
 
製紙
 
食品
クリーニング
 
ビル管理
 
飲料
醸造
 
病院設備
 
製薬
石油・石油化学
 
会社概要
 
代表挨拶
Spirax Sarco の歴史
 
アクセス
 
カタログダウンロード
採用情報
 
環境への取り組み
 
Blog
セミナー
 

Case Study

フラッシュ蒸気回収(+見える化)で
年間1,700万円の削減に成功

- Cleaning factory -

ヤマシタコーポレーション様(静岡県)

クリーニング
コンピュータ&ポンプユニット

課題
新工場建設に伴う蒸気使用量削減。

ソリューション
ドレンから生成されるフラッシュ蒸気を再利用するフラッシュタンク・ユニットを設置。さらに蒸気流量計を用いた「見える化」の実施。

成果
フラッシュタンク・ユニットで、0.7MPagのドレンから0.2MPagのフラッシュ蒸気を回収。連洗機に必要な蒸気は、燃料費換算で一日当たり、約9,000円(ガス代・LNG)であり、通常の1/10程度である。年換算では1,700万円以上の節減が見込める。

蒸気流量計の設置により、各工場(系統)の流量を把握することができ、各工場(系統)のユーティリティコストを正確に把握できるようになった。各工場内の機械(乾燥機など)の蒸気消費量が把握できたことによって、生産性の向上に繋がった。

“蒸気使用量が旧工場の1/10です。
 思っていたより省エネ効果がありました。”
省エネ担当者様からのコメント

このCaseStudyに関するご質問、または弊社製品、サービスについてお問い合わせはお問い合わせはこちら