スパイラックス・サーコ

Spirax Sarco とは
 
教育
 
トラブルシューティング
海外進出サポート
 
ツール
M製紙
 
某製菓会社(神奈川)
 
某食品会社(福岡)
某食品会社
 
ヤマシタコーポレーション
 
小倉ターミナルビル
シュライナー小児病院
 
ウェストンズサイダー社
 
スコットランドの蒸留所
ワッドワース醸造
 
ミラー・クアーズ醸造
 
ウェストバージニア大学
サウスベイにある病院
 
ビクトリア病院
 
岡山赤十字病院
ゲデオン・リヒター社
 
ワイス製薬会社
 
PQシリカ社
食品会社様(山形県)
 
クリーニング工場様(沖縄県)
製紙
 
食品
 
クリーニング
ビル管理
 
飲料
 
醸造
病院設備
 
製薬
 
石油・石油化学
会社概要
 
代表挨拶
 
Spirax Sarco の歴史
アクセス
 
カタログダウンロード
 
採用情報
環境への取り組み
 
Blog
 
セミナー

Case Study

エネルギーとメンテナンスのコストを削減

- Hospital -

ビクトリア病院様

病院施設

課題
40年間使用されていたシェル&チューブ式熱交換器の更新
レジオネラ菌のリスクを排除するために60°Cの温水を常にタンクに保有する必要があり、その温水は需要がなかった場合、長時間滞留することとなりエネルギーを浪費し続けていた。

目的
エネルギーとメンテナンス
コスト及びCO2排出量の削減

ソリューション
・EasiHeatTMの導入
蒸気熱交換によるきわめてコンパクトなプレート式温水製造ユニットです。暖房や一般給湯用途で即座に温水を供給します。貯湯タンクは不要となり、オンデマンドで常に安定した温度の温水を供給するため、放熱によるエネルギー損失やレジオネラ菌などの細菌が繁殖するリスクを低減します。

・逆浸透膜(RO)システムの導入
ROシステムは給水タンクに到達する前に汚染物質を98%以上除去し、高品質、低導電率のボイラー給水を提供します。これにより、ボイラーブローダウンの低減につながり、溶解固形物の蓄積を防ぎながら、エネルギーと水を節約、フォーミングなどの問題を回避します。

・スチームトラップの改善

成果
年間240,000(約3,600万円*)ポンドのエネル ギー削減、
年間34,000ポンド(約510万円*) のメンテナンスコスト削減、
年間1,400tのCO2排出量削減
*1£=150円換算

“私たちは非常に忙しいA&E(救急)部門を持つ総合医療センターであり、全エリアへの暖房と給湯の安定供給はとても重要でした。スパイラックス・サーコは短納期かつ工程通りに納入を遂行し、この厳しい工程のプロジェクト遂行を可能にしてくれました。”
エネルギーマネージャー・カーラ ウィルソン氏のコメント

このCaseStudyに関するご質問、または弊社製品、サービスについてお問い合わせはお問い合わせはこちら