スパイラックス・サーコ

Spirax Sarco とは
 
教育
 
トラブルシューティング
海外進出サポート
 
ツール
M製紙
 
某製菓会社(神奈川)
 
某食品会社(福岡)
某食品会社
 
ヤマシタコーポレーション
 
小倉ターミナルビル
シュライナー小児病院
 
ウェストンズサイダー社
 
スコットランドの蒸留所
ワッドワース醸造
 
ミラー・クアーズ醸造
 
ウェストバージニア大学
サウスベイにある病院
 
ビクトリア病院
 
岡山赤十字病院
ゲデオン・リヒター社
 
ワイス製薬会社
 
PQシリカ社
食品会社様(山形県)
 
クリーニング工場様(沖縄県)
製紙
 
食品
 
クリーニング
ビル管理
 
飲料
 
醸造
病院設備
 
製薬
 
石油・石油化学
会社概要
 
代表挨拶
 
Spirax Sarco の歴史
アクセス
 
カタログダウンロード
 
採用情報
環境への取り組み
 
Blog
 
セミナー

Case Study

EasiHeat™でライフサイエンスビルの
お湯の問題を解決

- Hospital -

ウェストバージニア大学様

病院施設

課題
当初のシェルアンドチューブユニットは、不十分な蒸気制御、無効な凝縮液除去、および問題のある操作を示し、それが漏れの原因となっていました。大学の一流のメンテナンススタッフがこのシステムにどれだけの努力を注いでも、問題は続きました。 機器が壊れ続け、バルブが常に漏れていて、機械室の床に凝縮液が漏れていました。

ソリューション
・EasiHeat™への置き換え
・4台の熱交換器から3台のEasiHeat™へ

成果
・キャビテーション、ウォーターハンマー、熱振動の解消
・急な流量の変化にも瞬時に対応
EasiHeat™のもう1つの便利な機能は、需要の変化に迅速に対応する能力です。たとえば、学校の給湯システムでは、クラス変更中に需要が急増することがありますが、EasiHeat™は温度スパイクを起こすことなく対応します。

背景として
ウェストバージニア大学。
生物学と心理学の部門の本拠地である、2002年にオープンしたWVUのライフサイエンスビルは、8階建ての研究室、教室、そして教職員と管理室があります。
196,000平方フィートの歴史的建造物には、温室、植物園、講堂、そして低コストで質の高い心理学的サービスを地域社会に提供する精神保健センターがあります。

“EasiHeat™ユニットがインストールされて以来、私達は何の問題もありません。スパイラックス・サーコは、私たちの問題を解決することへの真の関心を持って、献身的でプロフェッショナルなサービスを提供してくれています。”
WVUのオペレーションマネージャーであるスティーブ・アダム氏からのコメント

このCaseStudyに関するご質問、または弊社製品、サービスについてお問い合わせはお問い合わせはこちら