スパイラックス・サーコ

Spirax Sarco とは
 
教育
 
トラブルシューティング
海外進出サポート
 
ツール
M製紙
 
某製菓会社(神奈川)
 
某食品会社(福岡)
某食品会社
 
ヤマシタコーポレーション
 
小倉ターミナルビル
シュライナー小児病院
 
ウェストンズサイダー社
 
スコットランドの蒸留所
ワッドワース醸造
 
ミラー・クアーズ醸造
 
ウェストバージニア大学
サウスベイにある病院
 
ビクトリア病院
 
岡山赤十字病院
ゲデオン・リヒター社
 
ワイス製薬会社
 
PQシリカ社
食品会社様(山形県)
 
クリーニング工場様(沖縄県)
製紙
 
食品
 
クリーニング
ビル管理
 
飲料
 
醸造
病院設備
 
製薬
 
石油・石油化学
会社概要
 
代表挨拶
 
Spirax Sarco の歴史
アクセス
 
カタログダウンロード
 
採用情報
環境への取り組み
 
Blog
 
セミナー

Case Study

製菓工場での蒸気使用量を3割削減

- Sweets factory -

製菓会社様(神奈川県)

食品
ホイロ

課題
材料を温めるのに蒸気を使用していたが、ホイロ周辺の蒸気漏れが気になっていた。
排気管から排出される蒸気が多く、気になっていた。

ソリューション
手動でのコントロールをやめて、制御弁を設置。排気管を改善しました。

成果
温度センサーと制御弁による自動制御により、適切な量の蒸気を使用できるようになりました。
また電磁弁での手動コントロールをやめたことにより、電気代も削減となりました。
排気管の位置を下げたことにより、吹き出していた蒸気はほとんどなくなりました。

年間蒸気使用料600万円だった工場で、3割(約200万円)の削減に成功しました。

“視覚的にもデータ的にも、明らかに下がった。
 使い勝手も良くなり、作業性も良くなった。”
省エネ担当者様からのコメント

このCaseStudyに関するご質問、または弊社製品、サービスについてお問い合わせはお問い合わせはこちら