スパイラックス・サーコ

Spirax Sarco とは
 
教育
 
トラブルシューティング
海外進出サポート
 
ツール
M製紙
 
M製紙
 
某製菓会社(神奈川)
某食品会社(福岡)
 
某食品会社
 
ヤマシタコーポレーション
小倉ターミナルビル
 
シュライナー小児病院
 
ウェストンズサイダー社
スコットランドの蒸留所
 
ワッドワース醸造
 
ミラー・クアーズ醸造
シュライナー小児病院
 
ウェストバージニア大学
 
サウスベイにある病院
ビクトリア病院
 
ゲデオン・リヒター社
 
ワイス製薬会社
PQシリカ社
 
製紙
 
食品
クリーニング
 
ビル管理
 
飲料
醸造
 
病院設備
 
製薬
石油・石油化学
 
会社概要
 
代表挨拶
Spirax Sarco の歴史
 
アクセス
 
カタログダウンロード
採用情報
 
環境への取り組み
 
Blog
セミナー
 

Case Study

フラッシュ蒸気回収による
年間£50,000の節約(約750万)

- Beverage company -

スコットランドの蒸留所様

飲料

課題
ドレン回収システムから発生していた見苦しいプルーム(立ち上る蒸気)。
単純なドレン回収だと、ドレンに含まれる有効エネルギーの最大半分がフラッシュ蒸気として放出されることになりかねなかった。

ソリューション
・フラッシュ蒸気回収システムを設置
分離容器を使用してフラッシュ蒸気とドレンを分離します。
プレート式熱交換器はフラッシュ蒸気とドレンの熱を受け取ります。
回収されたエネルギーはボイラー給水の予熱に使用されます。
このプロセスは、ボイラー供給タンク内の温度を20℃〜30℃上昇させます。

成果
アルコール生産の単位あたりのエネルギー消費量は約3.5%削減されました。
当初の予測では、年間約5万ポンド(約750万)の現金節約が見込まれていましたが、最近のガス価格の上昇に伴い、これは増加しています。



このCaseStudyに関するご質問、または弊社製品、サービスについてお問い合わせはお問い合わせはこちら