蒸気に関するWebマガジン|スパイラックス・サーコ
蒸気に関するWebマガジン|スパイラックス・サーコ
First for Steam Solutions

スチームトラップの選定時に考慮すべきポイント#07ストール

HR01236_jpg.jpg蒸気に関するWebマガジン No.23

どんな種類のスチームトラップでも、システムに取り付けることは可能です*。

しかし、特定の用途にてきした最良のトラップを選ぶことが必要です。

今回はスチームトラップを選定する際に考えるべきいくつかの重要な問題の中から

『7.ストール』について解説します。

◆ストールとは

ストールについては、『ストールとは』で詳しく解説しています。

スチームトラップは、トラップ入口側の蒸気圧やヘッド差などの要素で動きます。出口圧力が入口圧力よりも低くなければ、正しい方向の流れを確保できません。すなわち、スチームトラップを通る流れの速度は、その差圧に関係があります。

熱交換器からのドレン排出時には、負圧による差圧も起こりえます。これにより熱交換器内ではドレンの流れが減少、停止してしまいます。

ストール.jpg

◆ストールが起こるとどうなる?

・製品に焼きムラ、加熱不足

・ウォーターハンマー

・熱交換器が凍結でパンク

・制御弁がハンチング

・機器の寿命が短い

・熱交換器のガスケット漏れ

・配管腐食 等

これらの症状は全て、ストールが原因かもしれません。

◆スムーズにドレンを排出するには

プレッシャーポンプの設置を推奨します。プレッシャーポンプは均圧管によって熱交換器と常に同圧になり、熱交換器が負圧になってもドレンは自重で排出されます。ドレンが一定量ポンプに溜まると、駆動蒸気がポンプ内に入り込み、蒸気圧力によってドレンが圧送されます。これによってストールが解消されます。

ストール_APTポンプ.jpg