蒸気に関するWebマガジン|スパイラックス・サーコ
蒸気に関するWebマガジン|スパイラックス・サーコ
First for Steam Solutions

プレッシャーポンプのメンテナンス

プレッシャーポンプ点検・メンテナンス・サービスのご案内

高温ドレンの回収、またドレン滞留の解消のために、多くのお客様にご使用いただいているスパイラックス・サーコのプレッシャーポンプ。しかし、稼動しつづける各部部品の磨耗・劣化は進行していきます。Pump_Maintenance03_SXS.jpg

突然、ドレンを移送することができなくなった...
そのようなトラブルを防ぐために



スパイラックス・サーコではプレッシャーポンプの点検・メンテナンスサービスを実施しております。

Pump_Maintenance02_SXS.jpg

メンテナンス内容

① 内部点検&部品交換:弊社サービスエンジニアが各部の状態を確認し、消耗部品(給排気弁セット、スプリング・セット)および交換が必要と判断されたその他の部品の交換作業を行います。状態によってはカバー・アセンブリ(カバー+内部部品一式)交換となる場合があります。


② クリーニング:各部部品に付着した汚れを落とします。


③ 補器類点検&交換:ドレン逆流を防ぐ逆止弁、汚れの進入を抑制するストレーナースクリーン等の、プレッシャーポンプ・システム補器の点検・交換を行います。 ※他社製品は点検をお断りしております。


④ 作動確認:作業終了後、正常に作動するかどうかの確認を行います。

主な部品の交換周期目安

Pump_Maintenance01_SXS.jpg

※1 以下の作業はお客様にてご実施願います。
(詳細はお見積もり段階でご連絡致します):
● 当該ポンプを接続している設備の停止
● お客様設備のバルブの開閉作業
● 安全な作業スペース/環境の確保
● お客様の配管からの当該品の脱着とそれに伴うガスケット類のご用意
 (配管施工状態等により、弊社での脱着が困難と判断される場合)


※2 カバー・アセンブリの点検・メンテナンスに関しては、弊社にお送りいただき、オーバーホール後ご返却するサービスも行っております。


※3 上記交換周期は目安であり、作動頻度や設置環境などによっては、交換すべきと判断される時期は変化します。


※4 スチームトラップ、エアベントバルブ、減圧弁なども設置の有無やご使用状況に応じてメンテナンスや交換が必要となります。


※5 部品費用の他、出張作業費用が別途かかります。

ぜひ、スパイラックス・サーコにご連絡ください。事前打ち合わせをもとにお見積書を作成いたします。



logo42_blue_RGB.jpg